知育玩具 図形編2 タングラム

知育玩具 図形編2 タングラム


こういう図形系のは IQテストにも出てきますよね

そして 立体的な形や 見えない所などの問題もあったと思います

きっと、こういう図形系はIQアップに必要なんだと思います




(図形)




図形のタングラムは頭を使うので欲しいなぁと思っているので
探しました。
まだ買って無いのですが お友達の家で見つけて知ったのですが
見本の図形の組み合わせと同じ様にする知育玩具です

平面のタングラムも欲しいですが立体のパズルも欲しいです↓





こちらは立体のパズル
立体は 見えない所も想像して組み立てるので
きっと脳を刺激すると思います


個人的には 立体のパズルで数がもっとあるのが欲しいので
探します





こちらは対象年齢が4歳~で
作品例が立体と平面合わせて110種類あります
問題の作品例が多いので
結構これに惹かれています





これは よく見かけるくもんのキューブ積み木
シンプルな立体なのですが

シンプルだからこそ難しいのかな?
こちらもお店で見かけてずっと気になってる商品です





遊びながら天才児にする知育玩具のページはこちら→→→

天才児にするには。。調べた事リスト他→→→


天才児教育や幼児教育・IQアップの方法など 調べた事を順次更新していきたいと思います

 

脳は24時間動いている!
頭の良い子をつくる 食材がいろいろ紹介されている本です
まとめて 記事にしておきます

(子供の脳には サプリメントは害になる可能性が大!
自然の食事で取り入れましょう)




楽天市場

脳は夜寝ている時でも 24時間休まず動いています

なので 朝ご飯をしっかり取る事が大切とこの本に書かれていました

朝ご飯をしっかり食べると 成績アップにつながるという 統計も出ています





脳を動かす唯一のエネルギーは~


ブドウ糖
(ご飯 パン うどんなど穀類に多い)
(果物やはちみつ)

ご飯茶わん1杯=55.7g
食パン1枚/6枚切り=28g
など、、

脳は24時間フル活動して 消費するブドウ糖は120gです
脳以外の部分もブドウ糖を消費します

ブドウ糖の蓄えがなくなれば 脳の活動は低下 します

ブドウ糖などの糖を摂取すると インスリンが分泌される
インスリンは 血糖を下げるホルモンなので量によっては 低血糖という状態になる恐れがある


それを防ぐには ブドウ糖は たんぱく質といっしょに取る事!

肉や魚 卵などのたんぱく質と  ご飯パンなどの炭水化物
甘いジュースではなく ビスケットやホットケーキなど卵や牛乳のたんぱく質がいっしょに取れるものがいい





~6歳頃までの間に不足すると IQが低下する~

アミノ酸

1日に必要なたんぱく質 40g
(卵 牛乳 肉類 魚類に多い)

卵6 1/2個分
鮭 2切れ弱
など、、



肉や魚 大豆に多く含まれるたんぱく質には 
たくさんのアミノ酸が集まってできています

6歳ごろまでに たんぱく質を極度に不足した食事で育つと
脳に深刻な問題がでます。

子供のIQが低くなってしまいます

たんぱく質をとりすぎてもよくないです!


アミノ酸 バランスが良いのは卵が一番だと紹介されていました
1日1個






ブドウ糖を燃焼させ 脳をフルに活動させる~

ビタミンB
レバー肉類 きのこ類に多い

ビタミンB1(1日1.0mg必要) まいたけ 400g 鶏レバー263g たらこ 焼豚 うなぎ
ビタミンB2(1日1.2mg必要) 豚もも肉 632g ブロッコリー 600g 魚肉ソーセージ 納豆
ビタミンB6(1日1.0mg必要) さば 2切れ さんま2尾 まぐろ 118g のり

↑どれも結構な量の気がします。。

これらビタミンBが脳の代謝を助ける働きがあり ブドウ糖をエネルギーゲンとして利用できる

ビタミンB1不足→記憶に作用するアセチルコリンが減少し 集中力や記憶力の低下

ビタミンB2不足→活性酸素の攻撃から子供の脳を守る役割をしているので欠乏すると 脳の働きを低下

ビタミンB6不足→知能の発育不全を起こしたりする



ビタミンB1は水溶性の為 水分を逃がさない炒め物 汁も飲めるスープなどがおすすめ






~記憶力向上に大きくかかわる~

ホスファチジルコリン

(大豆 豆類 ナッツ 精白米に多い)
大豆 1480mg 
卵 394mg
ピーナッツ 1113mg
精白米 586mg


脳内のアセチルコリンという物質は 短期的な記憶や新しい事を覚える力に作用します
この物質を増やすには ホスファチジルコリンという栄養成分を多くとる事が有効です

ブドウ糖と一緒にとると有効に働く

この記憶力の向上に大きくかかわる ホスファチジルコリンは

レシチンとも言われるのですが サプリメントには(ホスファチジルコリン)が含まれていないこともあるので注意が必要







~脳の血流をうながし 集中力を高める~

DHA EPA
ドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエン酸
(さんま いわし ぶり さば)


青魚に多く含まれている DHAは情報をもらさず伝達する。
不足すると、、記憶力の低下や判断力の衰えに





~脳に酸素を運ぶために欠かせない~



(レバー 赤身の肉 魚類 ひじき ほうれん草)

鉄不足は貧血だけでなく ドーパミン ノルアドレナリン セロトニンなどの神経伝達物質の合成に必要な為
不足すると 神経機能の低下 脳の発育を阻害することのつながる

この本には 貧血の子(胎内にいる時から 母親が貧血だった子ども)の成績と運動機能 心の状態など 
テストの結果が報告されていました